FC2ブログ


無料カウンター
02 | 2011/03 | 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄

3月2日からの5泊6日の沖縄旅行。
アップしたい写真はたくさんあるのですが、意外とアップするのが大変なので、ダイジェスト版で紹介。

沖縄にはたくさんの島がありますが、今回は本島に絞って行きました。

まずは首里城。
首里城
今回の旅行の最大の目的。

しかし、首里城のメインである正殿が修復工事中。。。
また色合いももっと鮮やかなインパクトのあるものをイメージしてましたが、そうでもなく。。。

期待と多く異なり、がっかりな感じでした。。。


他に史跡は行ったのは王様の別邸であった識名園。
識名園


ひめゆりの塔
ひめゆりの塔


あとは、首里城近くにある琉球王朝の王様の墓の玉稜(たまうどぅん)。
旧海軍司令塔壕、平和祈念公園など。

ひめゆりの塔、旧海軍司令塔壕、平和祈念公園などで、戦争の爪あとを見たりすると、改めて沖縄の人たちの苦労、
戦争の怖さ、そして平和な日本に食わせる幸せを感じました。
(現在は東日本の大震災が起きてしまって大変な事態になってしまっていますが)

沖縄旅行の楽しみの一つが沖縄独特の食べ物。

ラフテー、ミミガー、チャンプルーなど有名どころのものを中心にたくさんの食べ物を頂くことが出来ましが、
麺類好きな自分にとって、食べ物の中で一番の楽しみだったのが、沖縄そば。

専門店や居酒屋、あとは昼食のセットで付いてきた少量のものを6回も食べました。

その中で自分にとって1番美味かったのが、専門店の「亀かめそば」。
沖縄そば
沖縄そば

軟骨そばを食べましたが、出汁の利いたスープに軟骨肉の旨味も合わさり、スープも美味いし、
もちもち感のある麺も良かったし、軟骨肉もやわらかく煮込まれているし、また、かなりのボリューム。
とても美味かったです。

逆にその他で食べたのは、麺がぼそぼそした感じだったり変に硬かったり、スープも出汁が足りない感じだったりと、
美味いと思ったものはありませんでした。。。

食べ物で新しい発見という意味で、とても嵌ったのが「島らっきょう」。
島らっきょう

今まで食べたことがなかったので、そういう意味でも楽しみの食べ物だったのですが、かなりイケル!!

島らっきょうは、本土のらっきょうとはまったく異なるもの(味)で、エシャロットに似ていると
例えられたりするようですが、エシャロットほどの苦味もありません。非常に食べやすいものです。
逆に個人的には島らっきょう自体は味としては特別に美味いわけではないです。

ただ、しゃきっとした食感がとても良いです。

そして、一般的に知られているのは塩漬けで食べるのですが、塩気がある程度効いている島らっきょうは、
アルコールのつまみに最高に合います。
また、注文してすぐに出てくるし、安いし、塩気が効いているので、これをつまみにたくさんアルコールを飲める!!

夕食は毎晩、適当に居酒屋に入り浸れて済ましていましたが、毎回、島らっきょうは頼んでました。
帰りに空港で、生の島らっきょうも買って帰ったほど。
コストパフォーマンスを含めるとこれまでで最強の酒の肴です。

あとは、沖縄に来て、美味いと思ったのが、ゴーヤと海ぶどう。

ゴーヤはこれまで食べたものは実が身が強く、美味いと思ったことはなかったですが、沖縄で食べたゴーヤは
苦味がほとんどなく、食感も良く、かなりイメージが変わりました。
ゴーヤは今の時期は苦味が少なく、夏になると苦味が強くなるらしく、沖縄の人は苦味が強い方が好むらしいですが。

海ぶどうは、これまですし屋で軍艦巻きで数回食べたことがありますが、これも特に美味いものとは思わなかったですが、
沖縄で食べた海ぶどうは、プチプチとした食感、瑞々しさ、これまで食べたものとはまったく違って良かったです。


レジャースポットでは美ら海水族館。
美ら海水族館
本島を代表する観光スポット。

全体的には、本土の水族館にもここより充実したものはたくさんあると思いますが、ここの最大の売りが
ジンベイザメがえさを食べるシーンが見れること。
美ら海水族館
水面にジンベイザメのえさであるプランクトンを撒くと、ジンベイザメが立ち泳ぎをしながら、大きな口を開けて、
プランクトンを食べるシーンは圧巻!!

レジャースポットでは、他には琉球村、おきなわワールド(玉泉洞)、ナゴパイナップルパークに行きました。
琉球村は昔の琉球の家屋などが見れて、まさに沖縄ではなく琉球の雰囲気を味わえる所。
おきなわワールドは玉泉洞という大きな鍾乳洞がメインスポット。
ナゴパイナップルパークは、パイナップルワインの試飲、パイナップルの試食(食べ放題)が出来ます。


沖縄にも神社があって、代表的なものの1つが、波上宮。
波上宮

他に沖宮、護国神社にも行き、しっかり御朱印GETしてきました。


沖縄の感想。
期待していた首里城など誤算もありましたが、琉球民族の風習や方言(ほとんど日本語観点では解釈できない)
などに触れると、古くは琉球国として独立していた沖縄。
その他の日本の文化とは大きく異なり、未だに異国の雰囲気が感じられる部分があって、新鮮で良かったです。


最後に沖縄の砂浜。
陸地の観光だけでしたが、砂浜に行くチャンスがあったので少しだけ歩いてみました。

沖縄の砂は珊瑚礁。とてもサラサラしていました。
珊瑚礁が広がる海の美しさは絶景。
砂浜


機会があれば海水浴に来てみたい。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

10億円

JRAは東北関東大震災被災地支援競馬の実施結果を発表。

3月19日(土)~27日(日)の売上げ(535億円余)の一部として10億円を拠出すると発表。

被災地支援競馬として行われた毎日杯の売り上げ5%として1億2000万円余。
フリーパスの日入場料相当額1400万円余。

先に発表された義援金1億円を含めると12億3000万円余を拠出。
これ以外に馬主、調教師、騎手による募金活動の総額も1億円を越す。


競馬の一般社会における認知度は未だに低い部分もあり、ギャンブル要素のある競馬開催については
否定的な意見も少なくはなかったと思うが、これだけのお金が動かせるのは競馬だけ。

金額の多い少ないがすべてではないが、現実問題として被災地復興にお金は必要。

ぜひ、有意義に活用してほしいものだ。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

重賞成績(3月)


重賞本命馬(3月)

レース名本馬名人気着順単勝配当複勝配当
ファルコンSシゲルソウサイ13  
阪神大賞典ナムラクレセント 540170
中京記念ナリタクリスタル 490190
フィリーズレビューフレンチカクタス 770230
スプリングSオルフェーヴル 470190
フラワーCアフロディーテ17  
高松宮記念ジョーカプチーノ10  
毎日杯トーセンレーヴ 110


4-0-1-3  平均人気2.4 平均着順5.9
単勝合計2270円 複勝合計 890円 単勝回収率284% 複勝回収率111% 勝率50% 連対率50% 複勝率63%

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念の回顧(まとめ)

キンシャサノキセキが去年に続き連覇となった。
スタートを決めて、陣営の作戦通りに今回は先行位置に付けて、ダッシャーゴーゴーをマークする形から、
直線力強く抜け出しての快勝。
8歳にして健在振りをアピールした。
全体的な流れは平均ペース程度。
絶好位からのレースで、作戦勝ちの部分もある。

また、去年の勝ち馬がキンシャサノキセキで、3着のサンカルロが2着。2着のビービーガルダンが4着。
そこに3着に割って入ったのが、成長は考えにくい7歳のアーバニティ。
そもそもほとんど既成勢力同士の戦いだったこともあるが、結果として新興勢力の台頭は無し。
レベルの低いと思われる今のスプリント路線は依然と続きそうという寂しい結果でもある。

そんな中、新王者の期待もあっての1番人気だったと思うジョーカプチーノは3コーナーで致命的な不利。
加速中で行き脚が止められてジエンド。
中段で揉まれる位置取りもほとんど初めてだろうから、見せ場も作れなかった。
実力負けではなく参考外のレースではあるが、ただ、個人的には最終追い切りは不本意と思える軽すぎで、
G1に挑むにはあまりにも物足りなく、いつもそういう追い切りならば納得もいくがそうではなく、
不利がなくてもどうだったかは微妙だったような気もする。
いずれにしても実力負けではないので、再チャレンジに期待したい。

またしても降着(G1で連続降着)となったダッシャーゴーゴーは、外枠だったので、外外を回されるのを
嫌ってだろうか、いつも以上の先行ポジションを取りに行き、そこでジョーカプチーノの進路を妨害。
鞍上の川田はパトロールフィルムを見た感じでは、内側の馬の位置を確認している気配はほとんどなく、
外から内へ斜行。
周りの確認不十分の怠慢騎乗だろう。
もちろん故意じゃない。
でも、G1の大舞台は馬の実力もそうだが、騎乗のレベルもG1にふさわしいものが期待したいから
あまりにひどい妨害行為だったと思う。
しかも被害馬が1番人気馬だったので、尚更後味が悪い。


まとめ
連対馬の傾向
一応、2頭とも残っていた馬だった。

3着馬の傾向
アーバニティは残せなかった。
参考外でもいいかもしれないが、

(3)前走、7番人気以下。ただし、前々走、重賞連対馬は除く。

(3)前走、7番人気以下。ただし、前走、連対、または前々走、重賞連対馬は除く。

に変更か。


オッズバランス編
サンカルロがオッズバランス的には1番良かったか?
4番人気は順当だが、10倍は付きすぎ。(2着だから単勝オッズ自体は関係ないが)


馬券は・・・
本命ジョーカプチーノが進路妨害にあい、楽しむことも出来ずに惨敗。。。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

毎日杯

◎14:トーセンレーヴ
○03:コティリオン
▲08:カグニザント
△16:カルドブレッサ
△17:リヴェレンテ
△06:レッドデイヴィス
×13:サンビーム
×05:スマートロビン
☆11:デスペラード

【見解】
皐月賞の優先出走権のあるスプリングSに有力馬が集まったので、こちらのメンバーレベルは
かなり見劣る印象。

本命はトーセンレーヴ。
2戦全勝。
能力を感じさせる内容であったし、前走、負かしたステラロッサがスプリングSで3着だから、
単純比較で言えば、スプリングSの1,2着馬並みで走る力はあることになる。
ブエナビスタの半弟。
血統的な底力もありそうだから、十分にありえる。

対抗はコティリオン。
スプリングSの見解でも触れたが、前走のきさらぎ賞は大逃げした伏兵が2着に残るレースで、
この馬も脚を余した口。
脚の使いどころが難しいのか、勝ちきれないタイプではあるが、最後は確実に伸びてくるし、
今回はクラシックへ向けて勝負してきそうなので、上位争いできるとみる。

単穴は新馬戦のないように能力の高さを感じたカグニザント。

レッドデイヴィスは連下まで。
シンザン記念はオルフェーヴル以下に着差以上の完勝の内容。
ただ、レッドデイヴィスだけが走りすぎた特殊なレースであったと考えていて、
この馬が他馬より強いわけではない。
降着になった前々走の内容はサトノオーの方が上だったし、そのサトノオーはスプリングSでは9着惨敗。
サトノオー程度と考えれば、サトノオーよりこのレースにもいるだろうと思えば、
距離が伸びて良いかも微妙だし、追い切りも良いとは思えなかったから、今回は普通に飛ぶ可能性はある。

秘密兵器はデスペラード。
今週の調教は抜群の動きを疲労。
芝のデビュー戦で惨敗しているが、ダート連勝中。馬自身が力を付けて来ているところだろうから、
デビュー戦のときとは馬がまったく違うはず。
大掛けに期待。

続きを読む

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念の見解...

本命はジョーカプチーノ。
1200mは負けなしの実績が示すとおり、スプリンターとしての能力はかなり高い。
逃げ、先行型の正攻法のレースが出来る久々に安定感のある真のG1級スプリンター。
力を出せば、勝負になるのは必至。
ただ、最終追い切りがあまりにも物足りない点に不安が・・・。
本命にするのを止めようとか思うくらいがっかりな最終追い切りだった。
それでも、一応、馬の実力を信じて本命のままとする。

対抗はワンカラット。
前走は重め残りな状態で、完全にG1に向けてのたたき台のレース。
それでもまともなら2,3着はあるレースだったが、直線で進路が狭くなる不利があって5着止まり。
今回は確実に良化していそうだし、5着止まりで負けたことで人気もあまり上がらないはず。
妙味という意味でも魅力だし、このレースに絞って仕上げてきている点で相当に有力。
ただ、外枠がチョット・・・。内枠巧者なので。

単穴はレッドスパーダ。
前走はダッシャーゴーゴー、キンシャサノキセキに差されて負けたが差は僅か。
初の1200mを考えれば悪くないし、楽に先行できるスピードを見せたので、
スプリンターとしての能力はある。
今回は上位2頭を逆転できる可能性は十分にある。
今回は人気を落とす1戦であるはずで、妙味にも期待。

このあとにキンシャサノキセキ、ダッシャーゴーゴー。
エーシンフォワードは休み明けで完調まではないと思うのと、本質、スプリンターではないと思うので、
保険の押さえ程度。

以下、印の通り。

◎05:ジョーカプチーノ
○15:ワンカラット
▲01:レッドスパーダ
△04:キンシャサノキセキ
△13:ダッシャーゴーゴー
△07:スプリングソング
×08:サンカルロ
×14:エーシンフォワード
×11:シンボリグラン


ジョーカプチーノ中心だが、ワンカラットからも買いたい!!

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

03/27阪神11R高松宮記念

03/27阪神11R高松宮記念
枠番馬番馬名実力近走距離競馬場調教評価着順
レッドスパーダ 
ショウナンアルバ       
サンダルフォン      
キンシャサノキセキ △1
ジョーカプチーノ★★★★  10
アーバニティ    
スプリングソング  △3 
サンカルロ ×1
ヘッドライナー      
10サマーウインド      
11シンボリグラン   ×3 
12ビービーガルダン     
13ダッシャーゴーゴー △24位入線降着→11
14エーシンフォワード   ×2 
15ワンカラット  
16ウエスタンビーナス      

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

スプリングS/フラワーC

スプリングS
◎06:オルフェーヴル
○01:ショウナンパルフェ
▲07:ベルシャザール
△14:リフトザウイングス
△17:リベルタス
△18:サトノオー
×05:アドマイヤサガス
×11:グランプリボス
×15:ステラロッサ

【見解】
かなり難解な1戦。
勢力図がハッキリしないこの世代の牡馬勢。
そんな状態だから、今回のメンバーにも世代のトップ争いが可能そうな馬は多く、
例年(他の世代)とのレベルは別にして、この世代の上位レベルの馬たちが揃った楽しみな1戦。
そういうレースだろう。

しかし、賞金面では1200万以下では、賞金順では皐月賞は出れるか微妙。(良くて抽選待ちだろう)
賞金面で足りない馬がほとんどだから実力はあっても皐月賞に出れない可能性もある。
出走権を駆けたサバイバル戦の意味もある。

本命は出走権がほしい馬の中からオルフェーヴル。
出遅れと不得手とも言われる左回りでの京王杯2歳Sを除けば崩れていない。
前走も大逃げの伏兵に2着が残ってしまう展開で、脚を余したレースで悲観するものではない。
今回も流れは速くなるとは思えないが、前走のような縦長は無いだろうし、末脚を発揮できるだろう。
出走権の問題もあるが、皐月賞も今のところ東京に変更予定。もちろんダービーも東京。
左回りの東京ではなく、ある意味勝負は右回りのここだろう。
そのためかどうかは別にして、最終追い切りは抜群に良く見えたので、あくまでここを
勝負しに来ている感じが伺える。
皐月賞、ダービーで買う馬ではないという意味でも、買うならここ!!

そもそもどれを本命にするかも難しいレースだから、相手も難しい。
オルフェーヴルだけでなく、切れる脚の馬はたくさんいるし、最初に触れたように
この世代の上位レベルの馬が多く揃った1戦。

決め手では1番だと思うショウナンパルフェを本線としたい。
前走、とても届かないと思われた所から強襲を決めた最後の脚は強烈。
間隔が空き、一応の体制は整えていると思うが、ここはまだ余力残しの雰囲気もあるし、
阪神の外回りも悪い条件ではないが、東京でこその馬。
ショウナンパルフェの場合は、ここはなんとか出走権をとって、本番に行きたい口だろう。
そんな感じがするので、ともに有力だが、印の違いはここ。

そのあとにベルシャザール。
前走は物足りないレースぶりだが、東京コースの試走という感じで、特に勝負の仕上げをしているわけでもなく
あんなものだろうという印象。
参考外でも良いくらい。
前々走のホープフルSで負かした2,3着馬が後に重賞勝ち。
中山コース向きというのもあるかもしれないが、地力は持っている。
そんな馬だから、阪神の外回りでの決め手勝負はコース適正で微妙な部分があるので3番手にしたが、
ただ好位は取れる馬。スローで先行抜け出しての押し切りは有り得る。

その他、リフトザウイングス以下も勝っても不思議が無い馬たち。


フラワーC
◎01:アフロディーテ
○17:マイネイサベル
▲03:マヒナ
△11:ハブルバブル
△18:サトノフローラ
×07:サトノフォワード
×06:ヤマノラヴ
×15:イトククリ
×13:バレドクール

【見解】
ハブルバブルの評価をどうするのか?
これが最大のポイントだろう。

新馬戦の内容は相当な実力を感じるもの。
その能力を考えれば、クラシック路線を見据えれば、前走の1400mを使う必要性が個人的には理解できない。
賞金を確実に加算したいにしても1600m以上のレースを選ぶのが筋だと思う。
しかも結果は出遅れ+引っかかって直線失速で勝つことが出来なかった。
能力を出し切れなかったので、評価を下げる必要は無いが、筋の話で言えば、今回は除外の可能性もあったが、
先週は使わずに直接このレースを使うのが筋なはず。
勝っていればここを使うことは無かったのかもしれないが、レース選択にちぐはぐさを感じる。
例年でもクラシック出走権をとるために取りこぼした時にきついローテーションで、もがくように使われる
能力の高い馬がいるが、だいたい不発に終わる。
去年のオウケンサクラは希少な成功例。

ハブルバブルも成功例になる可能性はある。
ただ先週の1400mを使った時点でクラシックは遠のいた印象が強く、ここは巻き返してもおかしくないが、
今回も人気の中心だろうし、気性難の弱点を見せた直後だけに、本命にはしたくない。

ということで。
逆にこの馬以外だと能力比較は難しい。

アフロディーテを本命にする。
未知の魅力という意味ではこの馬だろう。
新馬はタイムは平凡で相手のレベルも低そうだったが、一応、結果は牡馬相手に完勝。
非凡なところは感じさせた。
ディープインパクトの近親という血統背景。
まだまだ先のある馬だろう。
新興勢力として、オークスへ名乗りをあげることを期待。(勝っても桜花賞は使わない?)

対抗はマイネイサベル。
能力の限界は見えた感じの馬だが、一応、それなりのレベルの実力はある。
末脚は確かな馬なので上位争いには加わるだろう。

単穴はマヒナ。
前走は降着にはなったが1位入線。
地味なタイプだが、そのとおり渋いタイプでしぶとい脚を使える馬。

ハブルバブルはその後。


馬券はアフロディーテは信頼するには微妙だし、ハブルバブルにあっさり勝たれる可能性もあるので、
こっちは控えめに参戦してみたい。

続きを読む

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念の展望-その5

調教編。
グリーンチャンネル木曜放映分から。

・レッドスパーダ
 美浦坂路51.3-37.5-24.7-12.5
 2頭併せ。強め程度で僚馬を突き放す。
 突き放した印象は良いが、相手が手応え悪すぎのところもあり、個人的に期待馬だっただけに
 欲を言えば、もっと伸びても良さそうな感じで伸び切れなかった感じが物足りなくも感じる。
・アーバニティ
 美浦W66.7-51.8-38.5-13.2
 単走馬なり。
 手応えは良いが、馬なりとはいえ、タイムが平凡すぎる。G1に挑むには物足りない。
・エーシンフォワード
 栗東坂路52.5-38.2-24.6-12.2
 単走、強めからラスト一杯に追う。
 速い時計は今週で坂路3本。一応、間に合ったか程度の仕上がりか?
 本調子まではない。
・スプリングソング
 栗東坂路52.0-38.5-25.3-12.3
 他の調教馬が周りにいるが、一応単走。一杯に追う。
 日曜にも速い時計を出して、中間、入念な乗り込み。
 この2戦が案外だったが、今回は馬の出来は確実にアップ!!
・サマーウインド
 栗東坂路52.8-38.1-25.2-12.8
 単走一杯に追う。
 近くに他馬がいた関係もあるかもしれないが、若干よれ気味。それを除けば悪くはないし、
 先週は50秒台をマーク。休み明けだが仕上がりは良さそう。
・ジョーカプチーノ
 栗東坂路55.7-39.3-xx.x-12.8
 単走馬なり。
 先週51秒台をマークし、このときは良かったとはいえ、今週の走破タイムは控えめ過ぎに感じなくもない。
 上がりも走破タイムが遅い割りに伸びなかった感じ。最終追い切りに関しては不満。
・ダッシャーゴーゴー
 栗東坂路55.6-40.6-25.6-12.1
 単走馬なり。こちらも調整程度の追い切り。
 この馬も先週53秒台をマークで今週は調整程度か。上がりが12.1だし、反応も良く見える。
・ヘッドライナー
 栗東坂路52.3-37.8-24.7-12.4
 単走。上がり一杯に追う。
 タイム優秀だが、反応はもう一歩。
・サンダルフォン
 栗東CW86.0-68.9-52.5-38.6-11.7
 単走。馬なりからラスと一杯に追う。
 全体タイムが平凡だし、今週のCWはタイムは出やすい馬場の感じだし、上がりは速いが、
 好タイムほど印象はよくない。
・ビービーガルダン
 栗東CW84.0-66.5-51.8-37.7-11.9
 単走一杯に追う。
 強調材料なし。
・ワンカラット
 栗東CW80.5-65.4-50.4-37.1-11.8
 2頭併せの内。追走から一杯に追い併入。
 もう一歩はじければ磐石で、併入止まりは若干物足りない部分もあるが、上積みは確実!!


良かった馬
スプリングソング
サマーウインド
ワンカラット

栗東は火曜全休の関係で、全馬木曜追い切り。
日曜のレースでも通常水曜追い切りを行っている厩舎もあるから、レースまでが1日短い関係もあってか、
ジョーカプチーノ、ダッシャーゴーゴーあたりは最終追い切りは極端に控えめだったのだろうか?

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

高松宮記念の展望-その4

調教編。
グリーンチャンネル水曜放映分から


・シンボリグラン
 美浦坂路49.8-36.9-24.7-12.5
 単走ほぼ馬なり。
 抜群の手ごたえで49秒台。Very good!!
・サンカルロ
 美浦坂路53.2-36.2-23.9-12.2
 2頭併せ1馬身追走。強め程度で伸びて先着。順調。
・ウエスタンビーナス
 美浦坂路57.8-37.2-24.4-12.3
 単走一杯に追う。動き、タイムとも平凡。
・ショウナンアルバ
 美浦P52.2-38.1-12.2
 単走馬なり。G1の臨戦過程としては物足りない。
・キンシャサノキセキ
 美浦P71.0-54.4-39.9-12.9
 単走馬なり。タイムは平凡だが手ごたえ良く軽快。
 


良かった馬
シンボリグラン

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

高松宮記念の展望-その3

オッズバランス編。
寸評。

1番人気はジョーカプチーノか
相手弱化であったにしても1200mを連勝中。
1200mでは負けていない。
NHKマイルCを好タイムで勝っている。
また、昨秋、長期休み明けから復帰後、完調手前だったと思われる状態で、マイルCSをハイペースで逃げて
レコード決着の0.6秒差で粘れる渋とさ。
前走のような差す競馬も出来る。(単に出遅れた為なので今回はしないと思うが)
単なる逃げ一手のスプリンターではなく奥が深いタイプ。
基本、逃げ、先行の正攻法な競馬もできる脚質的な部分でもポジションによる不利を受けないこともあり、
上位人気では1番信頼できるだろう。
気になるとすれば前走の出遅れ。
今回は出遅れは致命的になるので。
スタートまともなら信頼性は高そう。

2番人気はダッシャーゴーゴーか。
こちらの1番人気もありそう。
前走のオーシャンSは鮮やかに切れて、好位差しを決めた。
昨年のスプリンターSで2位入線(降着)した実績、今回と同じセントウルSも去年勝っている。
若い4歳の成長力も期待できる。
ただ、好走時は巧く嵌った感のあるレースが多い感じがする。
前走もそうだし、スプリンターズSも(ここで進路妨害しているが)内が巧く付けての追い込み。
実力は上位は認めるが、これまでの実績では人気を押し上げたところで潰れるタイプの印象も。
G1での底力に若干疑問。

3番人気はキンシャサノキセキか。
前走はダッシャーゴーゴーの2着。
斤量はダッシャーゴーゴーより1キロ重い59キロ。
G1へ向けてのステップレースとしては上々の内容で、8歳にして健在振りを示した。
今回のメンバーは全体的にみれば新勢力の台頭はほとんどなく、十分勝負になる相手関係だろう。
ただ8歳馬のこの馬にいつまでも活躍されているようでは・・・寂しいというのもあるし、
出遅れも含めて、差し、追い込みなタイプだけに枠順、展開、ポジションに影響を受けやすいという意味で、
特に上位人気なだけに割引も。(人気がないなら別だが)

ここからは人気順は微妙というのもあるので。
人気順ということではないが。

まずはサンカルロ。
前走の阪急杯は完勝だった。
ただ、外枠からスムーズに押し上げられ、あまりにも巧く行き過ぎた感じがあるレースぶり。
また、前走で賞金加算できないと、スプリンターズSは他馬の動向次第では出走できるか微妙だっただけに、
本気のレースをしていた部分もある。
去年は高松宮記念4着、スプリンターズS3着(4位入線)の実績もあるが、1200mが得意には思えず、
1200mの流れだと追い込みにかけることになる点で、展開が向かないと厳しいタイプでもある。
いずれにしても最後は突っ込んでくる力はあっても、一応、上位人気が予想される立場なだけに、
軸にするには微妙な存在。

レッドスパーダは一時、回避も考えたようだが、オーシャンSを使ってここ回避では一貫性がなく、
前走、惨敗ならは回避もわかるが、そうではなかったのだから、ここを使うのは当然でしょう。
陣営の全走後のコメントは「スプリントの適正が・・・」ということで回避のコメントもあったようだが、
スプリントベストとは思わないが、前走はG1の叩き台としてみれば上々で、初の1200mの流れを
問題なくこなせているし、上位2頭とは内容は互角。
G1で、もっと流れが厳しくなれば、さらにマイル適正の底力が活きるかもしれないし、
今回は伏兵の立場に人気が落ちるようならオッズバランスは良く断然買いでしょう。

目玉はワンカラット。
阪急杯はサンカルロの0.5秒差5着。
ただ、叩き台明白で大幅馬体増での出走。
出来は完調手前だっただろう。
それでも地力を見せて、好位から手ごたえもまずまずの追走。
しかし、直線で前が塞がり追い出しが遅れる不利があって、それを裁いてからは伸びてきた。
G1へ向けてのレース内容ではメンバー中最高の内容。
去年のスプリンターズSは夏場連勝後で状態はピークを過ぎていた部分も感じたし、
初のスプリントG1で壁があった部分も。
今回はこのレース照準を絞っての参戦。
臨戦過程からいけば相当に有力。

あとはエーシンフォワードは状態がどうなのか良くわかっていないが、休み明けというのもあるし、
本質、スプリンターではないので、状態を確認待ちではあるが、基本的に軽視で良いでしょう。

その他は地力では見劣るとみる。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

高松宮記念の展望-その2

3着馬の傾向。

こちらも前走、海外のエーシンフォワードは無条件に残す。

来ない馬
(1)前走、6着以下。ただし、前々走、重賞3着以内は除く。
(2)前走、重賞以外
(3)前走、7番人気以下。ただし、前々走、重賞連対馬は除く。

残った馬
エーシンフォワード
キンシャサノキセキ
サマーウインド
サンカルロ
ジョーカプチーノ
スプリングソング
セイコーライコウ
ダッシャーゴーゴー
レッドスパーダ
ワンカラット

10頭。


さらに絞ると。

苦戦なタイプ。

前走4着以下
→エーシンフォワード、スプリングソング、セイコーライコウ、ワンカラット
7歳以上
→キンシャサノキセキ
前走、ダート
→サマーウインド


さらに残った馬
サンカルロ
ジョーカプチーノ
ダッシャーゴーゴー
レッドスパーダ

4頭。


3着馬の王道は、前々走は頑張って、前走は人気を上げて負けて、本番で巻き返してくるパターン。
ただし、前走負けても本番でも人気は極端に落ちないある程度人気になる馬。


レッドスパーダイチオシ!!

他の3頭は前走勝ち馬でもあるし、レッドスパーダはある意味、去年3着のエーシンフォワードに似ているタイプ。
マイルをこなし、スプリントベストなタイプではない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

高松宮記念の展望-その1

連対馬の傾向。

今年は阪神での施行だけに傾向が通じない可能性もあるが、レースの質は大筋は変わらないと思うので。

尚、07年の2着ペールギュントのパターンは除く。
(これを考慮と絞りきれないので。)
また、前走、海外のエーシンフォワードは無条件に残す。

来ない馬
(1)前走、3番人気以下で、3着以下。
(2)前走、重賞以外で2着以下
(3)前走、オープンクラス以外
(4)前走、前々走とも1600m以上の場合、ともに重賞でない。

残った馬
アーバニティ
エーシンフォワード
キンシャサノキセキ
サマーウインド
サンカルロ
ジョーカプチーノ
ダッシャーゴーゴー
レッドスパーダ
ワンカラット

9頭。

さらに絞ると。

7歳以上苦戦。
→アーバニティ、キンシャサノキセキ
前走、3番人気以下は苦戦。
→アーバニティ、サンカルロ、ダッシャーゴーゴー(たぶんエーシンフォワードも該当)
牝馬苦戦。(本物のG1の牝馬以外は無理)
→ワンカラット
前走、ダート苦戦。
→サマーウインド


さらに残った馬
ジョーカプチーノ
レッドスパーダ

奇しくも2年前のNHKマイルCの1,2着馬が残った。


長期休養からから昨秋復帰。
そのスピード能力を存分に見せているジョーカプチーノイチオシ!!
1200mは4戦全勝。
現在、1200mを連勝中。
相手に恵まれている部分もあるが、ともに完勝。
スプリント能力は抜けていると思われる。


もう1頭のレッドスパーダも侮れない存在。
矛先をスプリント路線に向け、前走は負けはしたものの初の1200mを2番手追走できるスピード。
マイラーとしての適正も高いが、スプリント路線でも十分に通用するスピードを兼ね備えていそう。
1200mも2度目となれば、流れにもっと乗れるだろう。
ステップレースを(叩き台として)人気で負けて、巻き返すのはこのレースに限らずG1の定番でもある。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

tag : ダンスインザダーク

フィリーズレビュー


◎11:フレンチカクタス
○02:アイアムアクトレス
▲05:ツルマルワンピース
△16:クリアンサス
△14:スピードリッパー
△12:ドナウブルー
×07:カフェヒミコ
×09:フォーエバーマーク
×06:エーシンハーバー

【見解】
混戦模様であると同時に、小粒感は否めず、戦前の印象としては桜花賞に繋がらないメンバー。

本命はフレンチカクタス。
前走は多少、物足りない感のある4着だが、これまで崩れたことはない安定感。
基本的に距離伸びて良いタイプとは思えず、1400mの方が合いそうでもある。(未勝利で勝っている)
渋った馬場も適正があるし、(全馬そうかもしれないが)桜花賞で勝負云々のタイプではないので、
狙うならここでこそだろう。

相手はアイアムアクトレスが本線。
ダートで2連勝しての参戦。
その前の芝のレースもそれなりには走れていたし、芝が駄目ということはないだろう。
また成績からは芝、ダートというよりは本質的に1600mより1400mの方が合うのだろう。
そういう意味でも1400mならば芝でもこの程度のメンバーならば勝負になるだろう。
特に渋った馬場になりそうなのも良いだろう。
先週実施だったら本命にしようとしていたが、1週ずれて体調面で照準が若干ずれた感じがあるので、
対抗にしたが、本命に等しい評価。

単穴はツルマルワンピース。
距離短縮と今回は走りそうな臨戦過程に感じる。

続きを読む

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

阪神大賞典/中京記念

阪神大賞典
◎03:ナムラクレセント
○10:モンテクリスエス
▲02:コスモメドウ
△08:ゲシュタルト
△09:キタサンアミーゴ
△12:オウケンブルースリ
×05:メイショウドンタク
×14:エクセルサス

【見解】
本命はナムラクレセント。
距離不問。相手なりに走るタイプ。
逆に善戦止まりのレースが多いわけでもあるが、3000m級のレースは3戦。
菊花賞3着。天皇賞・春4着。
そしてこのレース、一昨年参戦して3着。
レースの格を加味すれば、ステイヤー実績ではこのメンバーでは上位は明白。
今週の追い切りはこの馬としては極めてよく見えたので、馬の出来はおそらくかなり良いと思う。
トーセンジョーダンの取消しも影響もあって、思ったよりも人気になっているのが若干不満だが、
今回は相当に期待できるとみる。

相手は前走、ダイヤモンドSで本命にしたモンテクリスエス。
馬の出来はさらに上昇の余地はありそうなので、今回も上位評価。
あとは、同じくダイヤモンドS組が上位評価。



中京記念
◎04:ナリタクリスタル
○14:サンライズマックス
▲12:バトルバニヤン
△10:オウケンサクラ
△07:ラフォルジュルネ
×02:シンメイフジ
×08:ブロードストリート
×06:セラフィックロンプ

【見解】
牡馬の前走、小倉記念組優勢の図式とみて、その中からナリタクリスタル。
小倉記念は直線伸びを欠き、惨敗に終わったが、流れに乗れていない部分もあったと思う。
結果的には2走ボケの部分もあったか?
脚質自在のタイプだが、理想は好位追走だろう。
そういう意味で枠順も良く、巻き返しの期待が出来る。
前走惨敗の割に人気になっているのは物足りないが・・・。

本線は小倉記念組のサンライズマックス、バトルバニヤン。
ともに小倉巧者である。
あとは牝馬勢。

続きを読む

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

ファルコンS

競馬、プロ野球の開催について、時期尚早と否定的な意見が多いようだ。
でも、物理的に今までどおりの生活が可能な人は、気持ちを切り替えて、
出来るだけ今までどおりの生活をする。
これがある意味での支援だし、日本全体としての活力になると思う。

物理的に被災に関係ないならば。
サラリーマンは、いつもどおり会社に出勤して仕事をする。
プロ野球選手は試合をすることが仕事。
節電の問題は別にして、極力、予定通りに進めるべきだと思う。
被災地の人が今(来週開幕)試合を見ても、元気や勇気などパワーをもらえないという意見もある。
そのとおりかもしれない。
でも、被災していない人はパワーをもらえると思う。

要は日本全体で落ち込んでばかりでは光は見えてこない!!

今までどおりの生活をする努力が、被災していない人の使命と思う。
もちろん、節電や募金などのサポートに努めるのは言うまでもない。


ということで。
被災に直接関係ない阪神、小倉での競馬開催は大賛成!!
西日本中心に気持ちを切り替えてやれることはやるべきだと思う。


ファルコンS
◎09:シゲルソウサイ
○16:アフォード
▲06:スギノエンデバー
△11:テイエムオオタカ
×03:ロビンフット
×04:マジカルポケット
×10:ピュアオパール

【見解】
本命はシゲルソウサイ。
再度、芝へチャレンジ。
これまでの芝の2戦はともに2桁着順。
しかし、朝日杯FSは初芝であったし、そう負けてはいない。
前々走のシンザン記念はレッドデイヴィスの一人勝ちのようなある意味、変なレース。
(レッドデイビスが他馬と比べて、レースの印象、着順ほど強いとは思えない)
参考外に出来る。
そして、今回は1200m。
デビュー後、ダートで連勝した同じ距離。
芝でもこれまでのマイルから距離短縮で本来の持ち味であるスピードが活かせる可能性はある。

相手は連勝中のアフォートが1番手。
まだ先がありそうな馬で、調教も好タイムを出している。
あとは1200mでの巻き返し期待でスビノエンデバー。
堅実なテイエムオオタカ。
紛れればそれ以下の馬もだが、基本は4頭の勝負とみる。

続きを読む

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

買い占め

昨日、一昨日あたりも政府から首都圏での買い占めはしないようにと呼びかけをしているが、
いまだに買い占めをしている愚か者がいるようだ。

結果、首都圏でも食料などが手に入らないという、本来ならなくてもよい間接的な被災民が発生してしまっている。

光あるところに影あり・・・。

節電や募金などで協力を惜しまないと思っている人がほとんどだと思うが、
こういう国賊まがいの人間というのは必ずいる。
募金を語った詐欺も結構あるというし。

どんな悪いことも許されることではないが、今、被災に乗じた悪事は許せない!!

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

大地震

大変なことになりましたね。
被害に遭われた方へ心よりお見舞い申し上げます。

私の住む三浦半島も大津波警報の対象地域で、
私の家は海から数十メートルの所ですが、
幸い津波の被害は受けてません。
海の波を見ると、とても穏やかで津波が来る気配はまったくなく、
余震も最初の大きい地震のあと、続けて2回ほどあった以外は
ほとんど大きな揺れを感じるものもなく、今は平常生活です。
本当は避難しないといけないのですが---

被害は最初の地震があった直後から停電が深夜まで続き、
寒さが厳しく、せっかく回復したと思った風邪がぶり返し気味な状態。
と仮眠程度しかできず、頭がボゥーとした状態。
この程度は被害に遭われた方に比べれば大したことではないけど。
ただ、自分の地域は被害は受けておらず、その辺の状況を考えれば、
もっと早く停電解除できるはずで、もう少し臨機応変な対応をしてほしいと思う。


とか、もろもろ地震災害対策には課題は多そうです。



ということで。
土日は競馬もJリーグも中止になりました。

日曜の見に行こうとしていたヴェルディの試合も無し。

自分の体調も良くないし、ヴェルディも選手に怪我人が多かったりと
調子イマイチな感じだから良かったかも。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

体調回復

沖縄から戻って火曜から風邪でダウンしてました。
前回の旅行、山口から戻った時と同じ症状。

旅行の疲労の影響が大きい?
1週間規模の旅行に身体が持たなくなっている模様。。。
旅行中はまったく問題ないのだが---

そんなこんなで。
ようやく今日になって、ほぼ回復した感じです。

沖縄旅行のことは来週以降に少し書こうと思っていますので。

今週末は、ヴェルディのホーム開幕戦を見に行きたいので、あと2日で万全の体調にしたいです。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

週末不在のお知らせ

明日(03/02)から5泊6日で沖縄へ旅行してきます。

なので、今週の競馬予想はお休みします。
御承知おき願います。


ちなみに天気予報はこんな感じで。

03/02(水)       最高17度 最低15度 降水確率20%
03/03(木)       最高18度 最低14度 降水確率30%
03/04(金)       最高17度 最低13度 降水確率30%
03/05(土)時々  最高20度 最低14度 降水確率20%
03/06(日)       最高22度 最低16度 降水確率40%
03/07(月)時々  最高22度 最低18度 降水確率60%

なんともスッキリしない天気が続いていて。
スカッと晴れて気温25度前後ぐらいの天気を期待していたのですが、
大きく期待はずれになりそうな予報となっています。

自称晴れ男なので、なんとか良い方向に天気が変ることを願うばかりです。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

今年は昇格する!!


今年のJリーグが、いよいよ今週開幕。

我等がヴェルディですが、去年の主力では柴崎が川崎に、高木長男が清水に移籍。
ともに貴重な戦力だったので残念な移籍でしたが、主な新加入は日本人では川崎から森、広島から平繁を獲得。
外国人では甲府からマラニョン、岡山からキムテヨン、さらに先週、ブラジルからアポジを獲得。
去年は実質、外国人無しのシーズンだったので、これだけで相当にプラスであるし、若手の台頭もあって、
去年より個々の質、量とも断然アップしているはずで、あとはチームとしての力をどこまで高められるか。
これに尽きるでしょう。
ここ2年は正直、戦力的に昇格を狙うには厳しい戦力でしたが、今年は戦力は揃ったので、
昇格してもらわないといけません。

唯一の不安は、柴崎の抜けたボランチの穴がカバーしきれていない感じで、出来ればすぐにでも
補強したいところ。
というか、ボランチというより、ゲームの心臓とも言える司令塔的な選手が不足しているので、
絶対、補強すべきではないかと思う。

個々の選手が良くても、それを活かせる選手がいないとチームとして機能しないので。


自分が考えている以上に、良い司令塔がいるなら良いのだけど・・・

開幕戦のボランチ。
一人は佐伯が有力のようですが、もう一人は誰になるのか?
注目したい。

来週か再来週のホームゲームは久々に味スタに見に行こうと思います。

テーマ : 東京ヴェルディ1969
ジャンル : スポーツ

プロフィール

DID

  • Author:DID
  • 競馬予想が中心のブログです。あとは巨人、ヴェルディの話など。
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
カテゴリー
 
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
ブログ内検索
 
RSSフィード
 
リンク
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。